学校家庭の「連携力」で合格に導く

「キミもできる」をモットーに、子どもたち自身の可能性に挑戦していきます。

子どもたちをDIPLでは同じ目的に向かって進む同志だと思っています。

子どもたちの家族も一緒です。

子どもたちが迷っているとき、ご家族とのコミュニケーションを大切にします。

ご家族との進路指導・面談にじっくりと時間をかけます。

ときどき、「ディップルは講師が違うと聞いて来たのですが何が違うのですか?」

と聞かれることがあります。ディップルは子どもたちに対して熱い想いを抱いた人間臭い講師が多いのかもしれません。

講師も人間ですので子どもたちやご家族を通して自身も成長したいと願っています。

DIPLの講師は全力で子どもたちをサポートします。 

 

 

受験への努力を通し「行動力」をつける

DIPL代表 小島裕一
DIPL代表 小島裕一

受験をあなた自身の「成長のチャンス」と捉え、あなたの成長を支えていきます。

自分で未来を切り開く「率先力」を養う

個別授業中の大野慎介講師
個別授業中の大野慎介講師

❶目標設定⇒実行⇒新たな目標設定
 対話しながら進める授業

 

学校家庭の「連携力」で合格に導く

DIPLのマスコット   ディップル 君
DIPLのマスコット ディップル 君

学校の授業はとても大切です。「家庭学習」の習慣をつけ、「学校の勉強を大切にする定期試験第一主義。


パーテーションのない空間が生む、開放的な環境と行き届いた授業



講師が教室全体を見渡し、生徒が「いま何をしているのか」を瞬時に把握するためにパーテーションは置いていません。

「周りのみんなが勉強している姿を見ると、自分も勉強しようという励みになる」

との声もあります。

 

  定期試験前の教室開放(無料)…定期試験1ヵ月前から、試験対策を行います。
講師がいますので質問できます。受講していない教科も勉強することができます。
 

●  DIPLは数学検定準会場です。

いつでも利用できる[自習スペース ]完備14:00~21:00


受験に役立つリンク

4月21日 高校入試ガイダンスをしました。

新学期が始まり、新たな受験生のスタート。

高校受験生にとって、大きく成長するこの1年を大切に過ごして戴きたいと願い、DIPLでは毎年実施しています。

今回は、高校入試の基本をお伝えしました。

●高校入試の仕組み

●内申の必要性

●定期テストで得点を取るための勉強法

受験生のみならず、中2・中1の皆さんも多くご参加いただき、ありがとうございました。